KeePerインストラクターブログ

2019年07月09日(火)

キーパーラボで学んだ事C 奥村涼介 [東京営業所]

考えている事、目指している事をきちんと言葉にし、思いを共有する。

私が日々の運営の中で、まったく同じ日は一日足りとありませんでした。
しかし、仕事の内容はシンプルで、ご来店されたお客様の車をきれいにし、
満足をしてもらい、また来て頂く。
この目的の為に、洗車やコーティングをしていました。

あまりにたくさんの業務があるわけではないので、頭の中は、いつもお客様の事、スタッフの事でいっぱいに出来ます。
そうしていると、同じような風景ではあるのですが、ちょっとした違和感を感じる事があったりします。
頻繁に感じる事が出来ればいいのですが、実際は上司に教えてもらう事のほうが多いですが。

すると、もっとこうした方がいいのではないか。
この前言ったけど、やっぱり変だ。と自分の頭の中で考えて、イメージをこねくりまわします。
何人かのスタッフに話を聞いてみると、みんな素直に教えてくれるので大変助かっていました。

それが、何人かのスタッフに聞いただけで、自分の感じた事、思いを伝えずに、
「やっぱりそうだったんだ」と一人で突っ走る事で、現場が混乱した事も結構ありました。

スタッフからすれば、「聞いてない」「いつからそうなったんですか」と質問の嵐ですが、
私の頭の中では、ものすごい考えた結果なので、端的に、だって、こうでしょ。だけ。
スタッフは?だったに違いありません。当時はそれがわかりませんでした。

店舗でのミーティングをする機会はありましたが、自発的に開催した事はなく、
その場での限られた人で、さらに、少ない情報しか伝えていませんでした。
このやり方で、徹底できるわけもなく、もやもや、イライラする事もありました。

自分は、考えて、スタッフの意見を聞いた。
これに満足をしていました。

あるアルバイトのスタッフが勇気をもって、私に意見をくれました。
「私はアルバイトなので、やれと言われればやりますが、どうしてそうなったかを教えて頂けると仕事がしやすいし、動きやすいです。せめてミーティングで話をしてくれませんか」

このような事を言ってくれました。
ミーティングが苦手な私は、面倒だなと思いながらも、せっかくなので、需要期前や、会社で決まった新しい内容の伝達もない、ただの店舗ミーティングを開催しました。
30分位の短いものです。

結果、私の考えている事に対しての疑問や矛盾、現場の状況を考えた更にいいアイデアと話しが弾み、店舗が一致団結できたと私は思いました。

意見のぶつかり合いもあって、決して、スマートなものではありませんでしたが、
みんなの気持ちを知る事が出来、みんなも私の考えている事、目標を理解してくれて、
一人ひとりではなく、一つとして店舗を運営できたと思います。


話を聞くばかりではなく、自分の思いも伝える。
それを、チームとして共有する。
キーパーラボでチームとして仕事をする、これを学びました。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

千葉県の一部では有名なチャー弁(チャーシュー弁当)

Posted by 東京営業所 at 18時30分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://blog.sensya.com/keepre/tb.php?ID=4663

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック )
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.