KeePerインストラクターブログ

2019年07月09日(火)

キーパーラボで学んだ事C 奥村涼介 [東京営業所]

考えている事、目指している事をきちんと言葉にし、思いを共有する。

私が日々の運営の中で、まったく同じ日は一日足りとありませんでした。
しかし、仕事の内容はシンプルで、ご来店されたお客様の車をきれいにし、
満足をしてもらい、また来て頂く。
この目的の為に、洗車やコーティングをしていました。

あまりにたくさんの業務があるわけではないので、頭の中は、いつもお客様の事、スタッフの事でいっぱいに出来ます。
そうしていると、同じような風景ではあるのですが、ちょっとした違和感を感じる事があったりします。
頻繁に感じる事が出来ればいいのですが、実際は上司に教えてもらう事のほうが多いですが。

すると、もっとこうした方がいいのではないか。
この前言ったけど、やっぱり変だ。と自分の頭の中で考えて、イメージをこねくりまわします。
何人かのスタッフに話を聞いてみると、みんな素直に教えてくれるので大変助かっていました。

それが、何人かのスタッフに聞いただけで、自分の感じた事、思いを伝えずに、
「やっぱりそうだったんだ」と一人で突っ走る事で、現場が混乱した事も結構ありました。

スタッフからすれば、「聞いてない」「いつからそうなったんですか」と質問の嵐ですが、
私の頭の中では、ものすごい考えた結果なので、端的に、だって、こうでしょ。だけ。
スタッフは?だったに違いありません。当時はそれがわかりませんでした。

店舗でのミーティングをする機会はありましたが、自発的に開催した事はなく、
その場での限られた人で、さらに、少ない情報しか伝えていませんでした。
このやり方で、徹底できるわけもなく、もやもや、イライラする事もありました。

自分は、考えて、スタッフの意見を聞いた。
これに満足をしていました。

あるアルバイトのスタッフが勇気をもって、私に意見をくれました。
「私はアルバイトなので、やれと言われればやりますが、どうしてそうなったかを教えて頂けると仕事がしやすいし、動きやすいです。せめてミーティングで話をしてくれませんか」

このような事を言ってくれました。
ミーティングが苦手な私は、面倒だなと思いながらも、せっかくなので、需要期前や、会社で決まった新しい内容の伝達もない、ただの店舗ミーティングを開催しました。
30分位の短いものです。

結果、私の考えている事に対しての疑問や矛盾、現場の状況を考えた更にいいアイデアと話しが弾み、店舗が一致団結できたと私は思いました。

意見のぶつかり合いもあって、決して、スマートなものではありませんでしたが、
みんなの気持ちを知る事が出来、みんなも私の考えている事、目標を理解してくれて、
一人ひとりではなく、一つとして店舗を運営できたと思います。


話を聞くばかりではなく、自分の思いも伝える。
それを、チームとして共有する。
キーパーラボでチームとして仕事をする、これを学びました。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

千葉県の一部では有名なチャー弁(チャーシュー弁当)

Posted by 東京営業所 at 18時30分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月28日(金)

新商品:ホイールコーティング2 技術研修会  清水悠太 [東京営業所]

もう皆様はお試しになられましたでしょうか。

KeePerホイールコーティング2!!


画像(550x412)・拡大画像(640x480)

ホイールコーティング2

これはすごい。
以前のホイールコーティングもすごかったのですが、
このホイールコーティング2はもっとすごい。

ガラス被膜が、さらに分厚く
艶が2倍!! 水ハジキが2倍!!

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

ピカピカのサラサラです。

・従来に比べて2倍の艶・超強力はっ水
・表面サラサラで、汚れが付きにくい
(触れば解ります)
・汚れが滑って、洗いやすい。

このホイールコーティング2を、たくさんのお客様に体験していただきたい!ということで技術研修会を開催しています。

日程は
【関東トレーニングセンター】
6月27日(木)、28日(金)
7月3日(水)、12日(金)、19日(金)
(LABO小山店、水戸内原店、市原店でも開催いたします。
日程は担当営業へご連絡ください。)


研修の様子を写真で紹介します。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

まず、ホイールの汚れをしっかり取ります。
ブレーキダストクリーナー(B・D・C)でダスト汚れを取り、
ホイールクリーナーで脱脂をします。
※ここ重要です!
油分が付着していると定着しません。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ホイールをキレイに水ですすぎ
エアーガンで水をしっかり飛ばし、
ホイールについた水分をキレイに拭き上げていきます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

次に、ホイールコーティング2ケミカルをマイクロスポンジにつけ、
ホイール表面に塗り広げしっかりと拭いていきます。
ポイントは乾く前に拭く。
乾きやすいのでホイール半分に塗って半分拭きあげ、
さらにまた半分施工していきます。
サラサラになるまできっちり拭き上げ完了。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

施工途中でも、艶が出てくるのがわかるので自然に笑顔になります。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ホイール4本すべての施工が終わり完成です。
サラサラすべすべピカピカのホイルに大変身!!

綺麗になるだけでなく、防汚性能も上がっています。

PDFファイル(442KB)

(442KB)

ホイールの汚れは、お客様が一番気にされている汚れ。
そして、洗車の中で一番汚れを取るときに時間を要する部分。

そのお悩みを解決できます。
ぜひ一度ホイールコーティング2技術研修会にご参加ください。

皆様のご参加お待ちしております。

Posted by 東京営業所 at 21時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月27日(木)

キーパーラボで学んだ事B 奥村涼介 [東京営業所]

スタッフとのコミュニケーションにすごく苦労をした事を覚えています。
もう、3年も前の事ですが、私が店舗を任された時が人生で初めて部下を持った時でした。

はじめは、体よく部下を「使って」いましたが、それも長くは続きませんでした。
スタッフは、自分が思う事を否定され、理由もわからず、言うなれば、理不尽に言動や行動を監視され、強要をされました。
それが、仕事であるという人もいるかもしれませんが、それだけで、頑張れる人は少ないと思います。

当時の私は、人生初めての部下に舞い上がり、偉そうに、命令をして、大将を気取っていました。
思い返すと、恥ずかしい思いでいっぱいです。
何よりも、スタッフに申し訳が立たないと思っています。
それでもこんな私についてきてくれた事に感謝しています。

自分が間違っている事に気が付いた時は、スタッフがこの仕事を辞めたいと相談をしてくれた時でした。
私達の仕事は、サービス業でしたから、お客様が多くご来店される時は、必然的に土曜日や日曜日です。
周りの友達は、土日休みで、休みが合わないから辞めたいと勇気をもって、正直に相談してくれました。
しかし私は、そんな勇気をもって正直に相談してくれたスタッフを叱りました。
もちろん、理不尽に、です。

その時に私が放った言葉は、みんなだって休みたい。それでも頑張っているのだから、
君も頑張るべきだ。このような事を言いました。

それを言われたスタッフの顔を今でも覚えています。

しばらくすると、そのスタッフは、家族の都合で、この仕事をやめなければならないと私の上司に相談をしました。

その事を上司から聞き、私は怒り狂いました。
それは、嘘ではないかと、私には、こういった内容で話をもってきましたと、
恥ずかしい位に、上司に説明しました。
自分を守る為でした。

上司は冷静に、わかった。と本人から話を詳しく聞いてみると言い、
私は、そのスタッフを、またもや理不尽に嫌いました。
その事には一切触れず、いつも通りに業務を行いました。

しばらくすると上司とそのスタッフが面談を行い、結果退社する事になりました。

それからというものスタッフの事が信じられなくなり、余計に塞ぎ込んだ事を覚えています。
どうせ、最後には裏切られると思っていました。
なので、普段の業務は淡々と、行い、スタッフに対しての興味がなくなりました。

しかし、上司から、スタッフに対しての興味がなさすぎると言われて、以前の事を話ました。
その上司は、私から見てもすごい人でしたが、話の内容にすごく共感をした上で、
自分も同じ事をし、学んだ。上からものを言ってはいけない。
スタッフはスタッフの思いがある。間違っている事もあるが、そうではない事ももちろんある。
スタッフの気持ちを頭ごなしに否定してはいけない。
お客様と同じ様に、相手の立場になって話を聞く。それがコミュニケーションになる。
スタッフは宝だ。

半信半疑ではありましたが、上司のいう通りに、少しずつ、話を聞き、自分なりのコミュニケーションを取り始めました。

結果、スタッフは自分が思っている以上に、遥かに仕事に対して、真剣でありました。
それをどう表現していいかがわからないだけで、
それを生かす事が出来なかったのは、ほかならぬ自分であったと理解しました。

強く反省をし、辞めさせてしまったスタッフに対し、言いようのない後悔がありました。
相手の立場になって考える。
相手の話をよく聞く。
こちらの都合だけで話をしない。

お客様だけじゃない、誰にでも必要な事だと改めて学びました。

画像(412x550)・拡大画像(480x640)

香港のパンダ。かわいい。

Posted by 東京営業所 at 18時22分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月24日(月)

何かを極めるには。(萩原) [東京営業所]

私は、高校生までは結構まじめに野球に取り組んでおり、野球の練習と、おふくろの弁当を食べに行くためだけに、学校へ行っていました。

その頃は、1日5回(朝食、早弁、昼食、部活前の腹ごしらえ、夕飯)の食事をし、毎日の練習後には500mlの牛乳とゆで卵、自宅に帰ってからは1Lのプロテインと、いくら食べても太れない生活をしていました。
※今では、何にも気にしないで食べまくると、ぶくぶく太ってしまい、大変です。。

私の出身地の静岡県でも、高校3年生の集大成である、高校野球 夏の選手権の組合せ抽選が終わり、112校111チームが参加をするそうです。
夢の甲子園出場校は、予定通りにいけば7月27日に決まります。

残念ながら、私の母校はシードからは外れており、夏の甲子園出場は、なかなか難易度が高いかもしれません。
しかし、どの高校も可能性は111分の1には変わりありません。
全出場校、全出場選手に、平等に甲子園に行く権利があるのです。
現役の選手たちが、チーム内でどれだけ、本気でそう思えるかが大事なのかもしれません。
静岡県大会でいえば、ノーシードで1回勝てば55分の1、2回勝てば27分の1になります。
7連勝できると、甲子園に行くことができます。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

先日、上の娘の運動会を見に行った際の写真です。児童1,000人を超すマンモス校です。

そんな、1年で最高に楽しみな時期になってきたためか、ふと出張先のホテルでテレビを見ていたら、全国でも超名門で強豪校である、和歌山県の智辯和歌山高校と、沖縄県の興南高校の特集をやっていました。

その中で、印象的だったのは、『チーム全員が、自分がやらなくては!と思わないと、甲子園では勝てない。』『なんくるないさはな、なんくるならないさ。』でした。

やはり、やらされていることでは、相手に伝わらないし、相手の役に立つことはできないし、結果も出ない。
そもそも、自分がやらなくては!と思わないと、本気になれないはず。
やらされていることでは、県の予選レベルでは通用するのかもしれませんが、全国レベルでは通用しないということだと思います。
選手それぞれが、目標に向けてどのように自分が動いたら勝てるのか、自分がやらなくては!と全員が思い、力を集結させ、同じ方向に全力で進んでいく。

また、沖縄には『なんくるないさ(何とかなるさ)。』という言葉があるそうですが、全国レベルでは『なんくるならないさ。』だそうです。

時間を守り、ルール・約束を守り、少しの変化に気付き、相手のことを思えなければ、全国では勝ち抜いていけない。

確かに。
どの分野においても、全国的に活躍している人たちは一流なんだと。

自分たちが、どうしていかなければならないかを真剣に考え、全員が自分がやらなくては!と責任感をもち、ルールを守り、相手のことを思い行動できたら、最強のチームができるのだと思いました。

高校時代の私たちのチームはどうだっただろうか?
全員が自分がやらなくては!と強い意志と、責任感が持て、ルールを守れて、相手を思えていたであろうか?
答えは、『ノー』です。
できていれば、甲子園で優勝できたのかもしれません。

まだまだチャンスはこれから。
そんな強く、優しいチームを作れたら最高です!!

画像(309x550)・拡大画像(360x640)

萩原 大介 No,166

Posted by 東京営業所 at 23時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2019年06月13日(木)

意識が変われば行動が変わる。 清水悠太 [東京営業所]

6月に入り研修のご依頼が多くあります。

KeePer技術コンテストが終わり、
”もっと上手くなりたい”
”技術を高めたい”
”店舗の品質を上げたい”などの声をもらいます。

そしてコンテストに参加されている方がよく言われるは
”どうしたら160点取れますか?”
”7点を取るにはどうしたらいいですか?”などなど。

これは私にもわからないので答えは出ないのですが…。
最近ふと思うのは

心の矢印がどっちを向いているか。

技術を高めたい、もっと上手くなりたい。誰にも負けたくない。と思うのは向上心があってとてもいい事だと思います。
むしろ向上心がなくては成長できません。
ですがその気持ちがお客様の方に向いているのか、自分個人に向いているのかで分かれるのではないかと思うようになりました。

技術コンテストで入賞される方は
「お客様の車を一台一台真剣に施工しています。」
「お客様に喜んで頂く、満足していただくために…。」
など日ごろの施工からお客様の方に気持ちが向いています。

ですが自分の方に気持ちが向いている方は技術だけを求めます。
スポンジの幅、手数、無駄な動きをなくす。
確かに重要かもしれませんが、一番大事なことは
お客様のお車を真剣にキレイにすること。
そのことを突き詰めると無駄な動きがなくなり、上手い施工→速い施工になるのかもしれません。

お客様の笑顔の為に1台1台を真剣に施工する。
そのために自分が足らないことはなんなのかを追及する。

その結果信頼される施工者になるのかもしれません。

画像(550x412)・拡大画像(640x480)

東京都1お客様を大事にしている方

今日もクリスタルキーパーを3台施工します。
と満面な笑みで教えてくれました。

Posted by 東京営業所 at 20時28分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

カテゴリーリスト

最近の記事

関連サイト

KeePer
KeePer LABO
洗車.com
アイ・タック

検索


カレンダー

7

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

リンク集

過去の記事


RSS1.0

powered by a-blog

[Login]


(C) KeePer Giken. All rights reserved.